アラカシの葉の特徴

アラカシ 葉 特徴

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

コマメも、息子も暑くてちょっとバテてます。
ι(´Д`υ)

金ケ崎公園には、アラカシの木がたくさんありました。
アラカシの木って、どんぐりの木なんだって。
知らなかった~

しかも、アラカシの名前の由来は、カシの種類の中で
葉や枝ぶりが全体に荒っぽいからという
説もあるみたいです。

葉や枝ぶりが荒っぽいって・・・野性的ってことかな?

スポンサードリンク


アラカシ 葉 特徴

アラカシの葉っぱは、
フチがギザギザののこぎりの歯みたいでした。
葉っぱの後ろは、白っぽく毛が生えてるみたいです。

色も濃い緑でキレイです。
荒っぽいかはよくわかりませんでした。

アラカシ 葉 特徴

アラカシは、ほかのカシと比べて
病気や害虫に強く、丈夫ですくすく育つ品種なので
公園によく植えられいるそうです。

アラカシ 葉 特徴

アラカシの実のどんぐり。
上手に管理すると発芽するらしい。

でも、秋になると色々な所にどんぐりが落ちてるけど
全部どんぐりの木になってませんよね。
どんぐりは、硬い殻に覆われているから発芽率が
悪いんだって。
なるほど~

今回は、どんぐりについての勉強みたいになって
しまいました・・・

応援ぽちお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親引受者へ

続いてこちらをご覧ください。

スポンサードリンク


アラカシの葉の特徴

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る